電気工事士とはどんな資格か

仕事で必要!電気工事士1級と2級の違いは?

一種と二種の違いは何か

電気工事士という資格をご存じの方は多くないと思います。
今回は、この少しマイナーな電気工事士という資格に関して説明していきたいと思います。

電気工事士は経済産業省が定める国家資格の一つで、発電や送電に使用する電気工作物の工事を行うために必要なものです。
電気工事士法という法律によって定められている資格で、資格を持っていないのに上に挙げた電気工作物の工事を行うと不正工事となってしまいます。
ですので、こうした電気工作物の工事に関わるお仕事をされている方にとって、この資格はとても重要であると言うことができます。
現在、このようなお仕事に就業されていなくても将来的に従事する可能性がある場合や、転職等で電気工作物の工事に携わる仕事に勤める予定がある方はしっかりと資格について調べて、理解する必要があります。

とは言っても、この電気工事士の資格は少々複雑で分かりにくいしくみになっているようです。
例えば、電気工事士は一種と二種に分かれており、それぞれ試験問題の内容や資格を取得した際にできるようになる仕事内容が異なるのです。
また、一種と二種ともに試験内容は少し難易度が高いようなので合格のためにはしっかりとした試験対策が必要になります。
ですので、もともと資格に興味があって勉強している方も今一度資格制度について確認をしたほうが良いでしょう。

実は取得すると様々なメリットがある資格である電気工事士ですが、これから取得しようとお考えの方のお力になれるよう、今回は資格についてまとめてみたいと思います。