電気工事士とはどんな資格か

>

資格取得のメリットとは

できる仕事が増える

今までの電気工事士に関する解説を通して、電気工事士の資格にチャレンジしてみようと思った方は少なくないと思います。
しかし、先程見たように電気工事士になるには筆記試験だけではなく、実際に作業用工具を用いる技能試験もありました。
また、その難易度は比較的高いもので気軽に挑戦できるものでもありませんでした。

このように数多く難関がある電気工事士の資格にこれからチャレンジしようとされる方の支えになれるよう、最後に資格を取るメリットについて見ていきます。

まず、一つ目のメリットとして挙げられるものに担当することができる仕事が増えることがあります。
電気工作物の工事は電気工事士の資格を持っていないと行うことができません。
ですので、資格を持っていると普通の人が行うことができないこうした工事に従事することができるようになります。

就職や転職に有利

また、行うことができる仕事が増えることは皆さんを採用したいと考える企業にとっても大きなメリットになります。
特に、電気関連の工事を担当する会社ではこのメリットは大きくなります。

ですので、もしみなさんがこうした電気工事士の資格を持っていた場合、就職や転職等の場面において大いに有利に進めることができます。

また、就職と転職どちらの場面でも有利になることは間違いありませんが、特に転職のほうが有利の度合いが大きくなるようです。
というのも、志望者の潜在的な能力を考慮する就職に比べて、転職の場面では、より実践力となるようなスキルの有無を重要視するからです。

ですので、転職をして収入アップを試みる方は特にこの資格を取るメリットを享受することができます。